MENU

視力回復 サプリ

 

視力が良い基準は?どれくらい視力はあればいい?

 

視力がどのくらいあればいいのかという基準について考えた事がありますでしょうか。やはり気になっている方も多いとおもいますので説明します。

 

まず視力について裸眼視力と矯正視力というものがあり、裸眼視力というのは何も付けないときの視力であり、矯正視力というのはメガネやコンタクトなどをつけた際の視力になります。

 

メガネやコンタクトをしていない方にとって裸眼視力は重要なことですが、普段からコンタクトや眼鏡をしている方にとって裸眼視力は重要なものではありません。そもそも、一日のほとんどを矯正視力で過ごしているので、裸眼視力を気にするということも無いでしょう。

 

ちなみに基準として考えられるのは裸眼であっても矯正であっても、基本的に1.0以上の視力があれば問題ありません。ちなみに、運転免許を取得する上で必要な視力というのは両目で0.7であるということを覚えていてください。もちろん矯正視力で0.7以上あれば問題ありませんが、その場合は運転の際にメガネやコンタクトをつける義務があるということも知っていて下さい。

 

また、裸眼でどのくらい見えているのかが気になるという方は多くいらっしゃいますが、0.1以下となると少し驚くと思います。ですが基本的にメガネやコンタクトをしている方の多くが0.1以下であることが多いのでそこまで気にする必要はないというより、矯正視力によって見えるのでしたら問題はないでしょう。また、逆に見えすぎてしまうのも眼精疲労を引き起こしてしまう原因にもなりますので気をつけましょう。

 

視力が落ちるメカニズム

 

まず視力の仕組みに関して説明しますが、そもそも何かを見る際は対象物を捕らえて水晶体でピントを調整し、そこから動向で明るさを調節します。そして映像が脳に送られて脳で認識したものが見えているということになります。この流れが視力であり、この視力というのは3つの要素で構成されています。

 

まず目の器官と組織ですが、これは眼球になります。水晶体や瞳孔、網膜、視神経によって成り立っており、これらに障害があると視力が低下してしまいます。また、これらの障害が出てくる場合のほとんどが病気によるものだということを覚えておきましょう。

 

次に目の器官と組織を動かす筋力になりますが、視力において非常に重要とされているのが目の筋力であり、器官や組織を働かせる上で筋力に障害があれば視力が低下してしまいます。また、この筋力の障害が生じる原因のほとんどは目の酷使と老化によるものであるということを覚えておきましょう。

 

そして最後が脳の認識力になりますが、視力を最終的に決めるのは脳であり、目で見た情報は脳に送られて映像化するので非常に認識力は重要になります。もちろん脳の認識力に障害があれば視力は低下してしまいますが、その障害の多くは病気、または老化によるものだとおもいます。

 

これらのどれかによって視力低下が引き起こされるということになりますので覚えておきましょう。トレーニングで改善するものもあれば病院に行かないといけない場合もありますので、しっかりとその点に関しては判断するようにしましょう。

 

視力低下に紫外線が関係する?

 

太陽の光というのはあらゆる恵みを与えてくれますが、そもそも太陽の光がなければ植物は光合成を行うことが出来ずに酸素を作ることも出来ず、生きることはできません。しかし、太陽の光から発せられる紫外線というのは人間にとって有害といわれています。ただ、光を浴びても平気なのはオゾンがあるからであり、このオゾンによって紫外線の影響を受けなくて澄むということになります。ただ、継続的に紫外線を受けてしまうことによって少しずつ悪い影響が出てきてしまい、目などはそれによって視力低下に繋がるということもあります。

 

さらに眼球というのは水晶体という部位がありますが、この水晶体に紫外線が当たってしまうと角膜を通り抜けて水晶体に吸収されます。それによって悪影響が出るといわれていますが、すぐに出るわけではなく、蓄積されることで視力低下の原因になってしまいます。高齢者がよくなる白内障などはこの紫外線が原因でかかってしまう原因であるということも覚えておきましょう。

 

では、そうならないようにどういう風に対策をすればいいのかというと、紫外線対策で目に有効なのはサングラスになります。お洒落なサングラスなども販売されていますが、そういうものではなく、UVカットと記載されたサングラスをつけるようにしましょう。そうすることによって目に入ってくる紫外線をカットすることができます。紫外線が強い海外の国では子供のころから紫外線対策として子供にサングラスをかけさせる国もあります。

 

視力と睡眠の関係

 

視力と睡眠時間に関して関わりがあるという話がありますが、それは本当なのか…8時間以上寝ていても視力が良くないという方もいます。どういう風に関わりがあるのかについてしっかりと説明します。

 

睡眠時間と視力に関して関わりは多少なりともあると考えられていますが、睡眠時間が非常に短い場合には関わりがあると言ってもいいでしょう。例えば1日に3時間睡眠など極端に短い場合、起きている時間がそれだけ多くなりますので、その時間帯は目を使っているということになります。

 

目というのはあらゆる筋肉を使っていることを知っていますでしょうか、主に毛様体筋、輪眼筋、虹彩筋などになります。これらの筋肉が疲れている場合、睡眠によって回復していきますが、3時間程度の短い睡眠時間となると全て回復するということは難しいはずです。ですので、あまりにも短い睡眠時間の場合は関係があると言う事を覚えておきましょう。

 

かといって、しっかりと睡眠が取れていたとしても、視力が回復するということはなく、現状維持であるということも覚えていてください。8時間睡眠をしようと、10時間睡眠をしようと視力がよくなっていくということはありませんので、睡眠をしっかりとすれば視力は低下はしないけど回復もしないということになります。

 

睡眠も多少は視力との関わりがありますが、それ以外にも視力低下には大きな要因が多くあり、特に睡眠前に何をしているかによって色々と変わってきます。寝る前にスマホやパソコンをいじったりしている方は睡眠不足にもなりますし、視力低下にも繋がりますので気をつけておきましょう、。

 

視力回復に効くサプリ成分

 

視力を回復する上で効果的といわれている食べ物と言えば、黒豆や黒ゴマというものが挙げられますが、毎日それらを摂取するということは非常に難しいでしょう。ですので、そこでオススメになるのがサプリメントになります。サプリメントであれば食事で補えない栄養を簡単に摂取することが可能になります。しかし、目に効果のあるサプリメントも非常に種類が多いのでどういうものがいいのかを把握しておきましょう。

 

まず目の感度を上げるサプリメントがありますが、それがアントシアニンというものになります。これはブルーベリーにも大量に含有されており、目の感度を上げる上で非常に効果を期待することが可能になります。またβカロテンもいいといわれており、これらの成分によってロドプシンを再合成され光を感知する上で重要になります。

 

次に目の疲れなどに効果的なサプリメントですが、現代社会はパソコンなどをつかって作業することが多くなっており、それによって目の疲れや肩こり、そして頭痛などを引き起こしてしまいます。そうなるとビタミンB郡やアスタキサンチンといった成分を摂取するといいでしょう。それによって改善しますので適度に摂取するようにしてください。

 

そして目の老化防止に効果のあるものがルテインになります。このルテインというのは葉緑体や動物の卵黄などに含有されるものになります。効果としては紫外線の予防にも効果があり、それによって疲れ目や老化にも効果があり、白内障や加齢黄斑変性などの予防にもつながります。このようにあらゆるサプリメントがありますので、症状によって使い分けるようにしましょう。

 

DHA&EPAも視力回復に良い?

 

一度視力が落ちてしまうと、それを改善するというのは非常に難しいことになります。視力がよくなる情報というのは蔓延していますが正直、何の根拠があるのかということを考えるとどうしても信じられない部分があります。そして、その中でDHAやEPAが視力回復に効果があると言われていますが、詳しく説明します。

 

そもそも視力が悪くなる原因について把握していてもらいたいのですが、非常に幅広いです。テレビの見すぎやパソコンの見すぎなどが出てくると思いますが、そういうことだけではありません。例えば姿勢が悪い、部屋が暗い、文字を読みすぎている、光の影響、遺伝、病気、などがあります。自分がどの原因によって視力が落ちてしまったのか、そして病気だった場合はすぐに治療をするようにしましょう。

 

次に視力が良くなる方法について説明しますが、普通は回復なんてしないと思われがちですが、実はある程度回復することが可能です。その方法に関して、まず目の血行を良くするという方法があります、血行促進することによって、細胞の新陳代謝をする栄養素が届いて疲労などもとることができます。温めたり、まばたきを増やしたり、ツボ押しをしたりという方法があります。

 

次に目の筋肉をほぐすという方法がありますが、近視というのは目が硬直することによってピントの調節が上手くいかなくなるということが要因としてありますが、ですので筋肉をほぐすことによって調節機能が高まって視力を高めることができます。遠近体操や遠方凝視法などがありますので試してみましょう。今ではレーシックなど、視力を回復させる手術などもありますので、そういったことも検討してみるといいでしょう。

 

視力回復のために注意したい生活習慣

 

視力回復に良い食事

 

視力が低下するような目の疾患を引き起こす原因として一番大きいものといえば生活習慣になります。そしてその中で特に強く影響するのが食生活ということを覚えておきましょう。

 

そもそもストレス、睡眠不足、喫煙、紫外線などにより活性酸素が体内で発生しますが、それによって細胞が参加してしまって血液をドロドロにし、老化を促進させてしまいます。これによって動脈硬化、癌、心筋梗塞といった病気を引き起こすということになりますので覚えておきましょう。

 

これは体のことになりますが、それと同じように目にも血液が流れていますので、血流が悪化してしまうと結膜下出血、逆まつげ、中心性網膜炎といった原因になります。悪くなれば白内障や緑内障、黄斑変性症などが発症する恐れがあります。また、目というのは活性酸素の影響を受け易く、栄養素の消費も激しい器官であり、若い頃は抗酸化力があったので問題ありませんが、加齢によって抗酸化力も弱まってきて悪影響を及ぼしてしまいます。

 

ですので、年齢を重ねるにつれて目の病気を予防する栄養素を摂取する必要がありますが、それがビタミンA・C・Eになります。ビタミンAはロドプシンという物質を作りますが、これによって暗順応に役立ちます。鳥や豚のレバー、うなぎ、にんじん、ほうれん草などに豊富に含有されています。

 

次ンビタミンCはコラーゲンを生成するので全身の器官を作るのに役立ちます。ちなみにレモン、小松菜、パプリカなどに豊富に含有されています。最後にビタミンEというのは抗酸化力が強く、アーモンドなどのナッツ類、アボカド、カボチャなどに含有されています。

 

視力回復に良い有酸素運動

 

有酸素運動というのは体内の血液循環が非常によくなりますので目にとっても非常にオススメです。そもそも視力回復の効果もありますので非常にオススメですし、眼精疲労を改善するということも効果があります。有酸素運動と目の関わりについて説明します。

 

有酸素運動で血流がよくなることによって疲れ目だったりドライアイになっている方は運動をした方がいいとと言われます。そもそもブルーベリーは目にいいと言われていますが、具体的な効果は目の血流を改善するということで効果が出るといわれています。つまり血流改善が出来れば目にも良い影響を与えるということになります。ですので有酸素運動が視力回復において効果的ということがわかります。

 

さらに視力を回復する為に有酸素運動をしようと思っている方は、運動意外にも視力回復のトレーニングをするようにするとよりいいでしょう。たとえば近くを見て遠くを見てということを繰り返したり、見えないくらいの文字を凝視してみたりなどするだけでも変わってきます。さらにスマホやパソコンを見る時間が長いというのであれば、適度に休憩を入れたり、出来るだけそういう時間を減らすということを考えるといいでしょう。

 

また食事も少食の方が目にいいと言われていますので、そういう風に生活習慣も考えるようにしましょう。運動をして食生活を考え、さらにサプリメントなどで目にいい栄養素を摂取することによって視力は多少回復することが期待できますのでやってみる価値はあるでしょう。

このページの先頭へ